ハッカドールのツイッター

最終日はハッカドールキャスト陣が勢揃い!の「ハッカちゃんねる~冬コミすぺしゃる~」三日目レポート

 最終日となる三日目は、ハッカドール1号役の高木美佑さんハッカドール2号役の奥野香耶さんハッカドール3号役の山下七海さん、3人の事務所の先輩声優で、ハッカドール4号役を狙う上田麗奈さん、MCのDeNA岡村直哉が出演。

 ハッカドール1号から3号を演じる3人が勢揃いし、上田さんと並ぶとステージはさすがに華やか。

初日以来の出演となる上田さんは「4号狙ってまーす、上田麗奈でーす」と軽快に挨拶。この日が「ハッカちゃんねる」初出演となる高木さんへ、すでに出演を出演を果たしている演者たちから「ようこそ、ハッカちゃんねるへ!」という温かい言葉と拍手が送られた。

まず上田さんが「おとといから始まったハッカちゃんねるは、君にシンクロするニュースアプリ、ハッカドールがお届けするDeNAの公式生放送です。冬コミの間は美少女Mobage!!!の特設ブースからお届けしていて、今日がコミケ会場からの放送最終日になります」と番組を紹介した。

 今日から参戦の高木さんだが「やっぱりすごい人ですね! 3日目はやっぱり男性が多いですね」とコミケの各日ごとの男女比率まで把握している様子。

奥野さんから「美佑はプライベートでもコミケに来てるんだよね」と水を向けられた高木さんは「中学生ぐらいから来ていて、始発電車で並んで地べたに座って何時間もゲームをして会場を待ってました。皆さんと同じ感じです! 私は東方プロジェクトが好きで、二日目とかによく来てました。すごく人気だった東方星蓮船が発売されたコミケの時も炎天下の中戦いに打ち勝ってきました」と語り、会場をどよめかせた。

岡村も「やっとコミケを知っている人が来てくれました。今日からはみゅーがコミケ情報を紹介してくれます」と頼もしげだ。出演者そろって「ハッカちゃんねるー!」のタイトルコールで本編はスタートした。





 恒例の各ホールの同人誌ジャンル紹介が紹介されると、上田さんは「男性向けが多いですね」とびっくり。高木さんは「女性が多いのは昨日かな? 私が大好きな『リトバス(リトルバスターズ)』なんかも今日だと思います」とニヤリ。山下さんは「オリジナル雑貨のジャンルが見てみたいです」、奥野さんが「アートとか好きなんで雑貨見てみたいです」と食いつくポイントも対称的だ。

 C87戦利品報告会!では、DeNA関係者がコミケで見つけてきたアイテムの数々を紹介。山下さんが「初音ミクちゃんのブランケットです!」と紹介すると、高木さんは「『俺妹』の作者(かんざきひろ)さんのイラストですね」と的確なコメント。山下さんはかんざきひろさんのラフスケッチ集も紹介し、中身を覗き込んだ出演者からは「かわいー!」の声が飛んでいた。

上田さんは同人誌「アキバカート部ヨコハマ疾走編」を紹介。「たぶん横浜のことも知ることができます」とふわっとしたコメントをしていた。奥野さんが『楽園追放』3DCG原画集を紹介すると、企業ブースで大人気の完売アイテムだけに会場からは歓声が上がった。

高木さんは『ハッカドール』キャラクターデザイン、げそいくおが出した同人誌「ハッカドール&モバミちゃん仕事集」を紹介。高木さんはこの本に自身がゲスト寄稿したページを紹介。一見かわいいイラストだが、胴体が描けないため棒人間になっていることがツッコミを受けていた。



 番組後半の冒頭に岡村から、年明けから『ハッカちゃんねる』がレギュラー番組化し、高木さんと上田さんがメインMCとなることが発表された。

番組のレギュラー化するにあたり出演者のトークスキルを磨くため、コーナー後半では「トークの腕を磨け! ハッカドール道場!!」と題しての大喜利コーナーが行なわれた。最初のお題は「高木さんが好きなアニメの名台詞は!?」。

奥野さんは「知らないから」(『Wake Up, Girls!』の菊間夏夜のセリフ)、山下さんは「わたしってぇ最近寝不足じゃないですかぁ」(『Wake Up, Girls!』の岡本未夕のセリフ)、上田さんは「私と一緒に、よさこいしませんか?」(『ハナヤマタ』ハナ・N・フォンデーンスタンドのセリフ)と、それぞれ自分の出演作から回答。

高木さんが出した正解は「(21)ってよせぎみに速攻で書くと「ロリ」に見えないか…? by 棗恭介(CV:緑川光)」(『リトルバスターズ』の棗恭介のセリフ)だった。高木さんは「私が21歳になったら高木美佑(ロリ)って書きたいです」と夢を語っていた。

 続いてのお題は「山下さんにとって、一番怖い動物は!?(絵を描いてください)」で、山下さんが怖い動物を予想するお絵描き問題だ。真っ先に描き始めた上田さんはリアルなタッチでヘビの正面顔を描き上げて客席に驚きのどよめきを起こした。

高木さんは『テラフォーマーズ』の火星ゴキブリを、奥野さんはイタチ科の凶暴な動物・クズリをシュールな筆致で描いた。

奥野さんは「これ、クズリです。イタチ科の動物で、画面に収まりませんでした。クズリですよ? でもクズリは普段、クマちゃんみたいでかわいいの」とコメント。

それぞれに個性的なイラストを描く中、正解担当の山下さんは「ヤバい空気になると思うけど行くね?」と、気が抜けるメルヘンタッチの象を披露。象が怖いのかについては、「私怖い動物がないので描きやすい動物にしました」とまたしても自由な回答だった。



 お題「奥野さんの子供の頃の夢をジェスチャーで示してください」ではジェスチャーに挑戦。トップバッターの上田さんは、エアタバコをくゆらせながらワイングラスをゆらす、何か間違った大人の女性像を表現。山下さんは宮廷でのダンスシーンでお姫様を演じた。

高木さんは白鳥の湖を歌付きで踊り、「プリマバレリーナ」と自分の夢を表現していた。奥野さんの答は「お花屋さん」。「女の子と言えばケーキ屋さんかお花屋さんじゃないですか」と予想外に普通の回答。高木さんと山下さんが、自分たちが演じたのは自分が子供の時の夢だと暴露する中、上田さんは「私の夢は『ポケットモンスター』のカスミになることだったよ」と答えてオチをつけていた。

 「上田さんの人に言えない悩みとは!?」というお題には、上田さんから「人に言えないのに言うんですか?」ともっともなツッコミが。それぞれの回答は奥野さんが「本当はぽんこつって言われたくない」、高木さんが「吉岡むかつく」、山下さんが「最近寝付きが悪い」。

奥野さんの回答に上田さんは「そうだよー!」と同意。高木さんは「昨日のニコ生でまゆしぃが上田さんに負けないってガツガツ行ってたので!」と悪い笑顔で補足していた。上田さんが出した正解は「抜毛」というなんとも重いもの。「今朝香耶に会ったら髪の毛減りました? って言われて、急に気になっちゃいました。健康に生きていかないとな、と思います!」と語っていた。



 ややお題のテイストを変えた「ハッカドール4号の設定を考えてみた」では、今はいないハッカドール4号の設定を考えることに。

上田さんは「無口」を出して「無口って言っておけばワード数が減る(から楽)じゃないですか!」と省エネ思考。山下さんは「メガネっ子」で、赤いフレームにこだわりがあるよう。奥野さんは「うるう年で4年に一回しか誕生日が来ない2月29日生まれ」と、「周りが春夏冬っぽいから、秋らしいキャラ」を提案。高木さんは「ご飯を4合食べられる。4号だから」とダジャレ回答だった。

これらの提案の中から、プロデューサーのイワクソPからは「2月29日生まれ」の採用が告げられた。もっとも「4号本気で作るの!?」とのコメントもついていたので、あくまで仮の話のようだ。



 番組を終えたメンバーは、「楽屋そのままみたいで緩い感じでできたね。のんびりしてて年末っぽかったです」(山下さん)「4号ちゃんの設定考えられたから、もし登場したら友達になれそうだね」(奥野)とコメント。ハッカちゃんねる初出演の高木さんは「コミケに来れてよかった!」とぶれない回答だった。山下さんは前日の映像出演について聞かれ、「みんなに『寒い言い過ぎ』って言われました」と苦笑いだった。上田さんは「のんびりできてよかったです。4号(役のオファー)待ってますよ〜!」と語っていた。

 新年から始まる『ハッカちゃんねる』の通常版については、上田さんは「おいしいものが食べたい!」、高木さんは「麻雀が打ちたい!」とリクエスト。『ハッカちゃんねる』通常版の放送スタートは1月10日土曜日からで、約2週間に1回のペースを予定しているとのことだった。最後は全員で、「よいお年を、バイバーイ!」と声を揃えて、「ハッカちゃんねる~冬コミすぺしゃる~」は終了した。




当日紹介されたゲームはこちら!
魔法科高校の劣等生
アイドルマスター SideM
一騎当千バーストファイト

全部の会場レポート写真はこちら!(画像クリックで拡大)





















ハッカドール :君にシンクロするニュースアプリ〜アニメ・ゲーム・マンガ〜